筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

動体視力トレーニング情報

動体視力トレーニングを行い、能力を高めることは、日常生活を含めた様々なことに役立ちます。
物を目でみる場合、静止視力と動体視力がありますよね。
静止視力はアルファベットの「C」のような形をしたもので、視力測定されるように静止したものを見るときの視力で、この視力トレーニングは「視力トレーニングの方法」でもご紹介しています。

 

次に、動体視力というのは、動いている物体を視線を外さずに持続して識別する能力を言いますが、日常生活では動きのあるものの方が多いので静止視力よりも動体視力の方が大切なような気がします。
実際は、静止視力が正常でなければ、動体視力で捉えられるものを認識することができませんから、両方の視力とも同じくらい大切になります。

 

また動体視力には、DVA動体視力とKVA動体視力の2種類あります。
DVA動体視力というのは、横方向の動きを判断する動体視力で、目の前を高速で通過する車の運転手の顔が判るとか、バスケットボール選手が味方や敵の選手の動きを見極めるときに必要になります。

 

これに対してKVA動体視力というのは、縦方向の動きを判断する動体視力で、野球のバッターがピッチャーの投げたボールを見極めるときに必要な視力ですね。
そして、動体視力も静止視力トレーニングと同じように、動体視力トレーニングを行うことによってその能力を維持、向上することができます。

 

野球のイチロー選手も動体視力トレーニングを行っているおかげで、人並み外れた選球眼を身に付けることができ、すばらしい成績を残せているのです。
スポーツ選手にとっては動体視力トレーニングは不可欠なものとなりますね。

 

動体視力トレーニング方法も、近年色々と開発されているようです。
私も勘違いしていましたが、動体視力トレーニングは目の動きを素早くすれば良いと考えるのは間違いだそうです。
眼球の運動と同時に、視野を広げる訓練が必要ですし、呼吸法も関係しています。
さらに、見たものを画像として脳に残すこともできなければいけません。

 

例えばイチロー選手は0.1秒間に7桁の並んだ数字を認識できるそうですが、左から順番に数字を読んでいては、とても0.1秒で読むことはできませんからダメです。
7桁全部を同時に見て画像イメージで脳に信号を送らないといけないのです。

 

今では便利になりまして、DSやパソコンなどを使って行う動体視力トレーニングが人気になり、手軽に行えます。
特にパソコンを使って、1日10分程度ディスプレイを見るだけで、動体視力トレーニングができてしまうということが可能です。
試しに、インターネットで「動体視力 テスト」で検索してみてください。
簡単に動体視力レベルがテストできるサイトが沢山ありますから、あなたの能力を測ってみてください。

 

また、動体視力は年齢とともに低下するそうですから、安心してはいけません。
自動車を運転し走行中に標識を認識するのは、縦方向のKVA動体視力が必要だと思いますが、70歳以上の人が運転免許を更新する場合は、動体視力検査が行われます。
年齢が高齢になっても標識や、回りの車の動きを見る動体視力があるかどうか検査されるわけです。

動体視力トレーニング情報関連エントリー