筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

サイキングアップトレーニングの方法(その2)

サイキングアップというのはリラクゼーションとは逆で、気持ちを高めて心理的コンディションを整えるために行う方法で、それはトレーニングによっていつでもその状態に持っていくことが可能になります。

 

是非ともサイキングアップトレーニングのコツも掴んで、心理的にいつでも最高のパフォーマンスを引き出せるようになってほしいと思います。
それでは、サイキングアップトレーニングの方法(その1)からの続きをお伝えします。

 

B音楽によるサイキングアップ方法
一流アスリートが試合開始前にイヤホンで音楽を聴いているのをテレビなどで見たことのある人も多いでしょう。
音楽を聴くことでリラックスできたり、逆に気持ちを高めたりすることができます。

 

これを聴くといつもやる気や元気が出てくる!という好きな楽曲があると思います。
例えばロッキーのテーマなどはその定番ですよね。

 

お気に入りの音楽というのは聴けば聴くほど記憶に残りますから、気分が落ち込んでいるときでもこれを聴くと脳の条件で、自然に身体がそのリズムに反応し、気分が一新されます。
サイキングアップするにはアップテンポで興奮する様な曲を聴くのが最適で、一曲でもいいですからそんな曲をお気に入りにしてしまいましょう。

 

 

C姿勢・態度を変えてサイキングアップ
気分が落ち込んでいたり、悩みや不安がある人を見ると、肩がしょげて背中が曲がっていたり、目線が下向きであったりします。
人間は心理状態によって姿勢や動作、態度に表れるのですぐに分かります。

 

そのため、そんな時は胸を張り、目線を上向きにし、き然とした態度を作るトレーニングすることでサイキングアップが図れます。
試合前、あるいは試合中に元気のない態度を見せることは相手を優位な立場に立たせてしまいますから、表情や仕草、姿勢、歩き方などポジティブな態度を出せるように普段からトレーニングすることが必要です。

 

特に団体競技になるとチーム全体の士気にも影響しますから姿勢・態度のサイキングアップトレーニングは大切だと感じます。

サイキングアップトレーニングの方法(その2)関連エントリー