筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

サイキングアップトレーニングの効果

サイキングアップメンタルトレーニングの一つとしてとても効果のあるトレーニング方法です。
気分が乗っていない時でもこれを行うことによって、緊張感を高めたりやる気を出させたりすることができます。

 

普段からサイキングアップトレーニングを取り入れておけば、不安があるときや自信がないとき、疲れてやる気が出ない、スポーツをすることが楽しく感じられないといった時でも、精神的なコントロールを自然な形ですることができるでしょう。

 

サイキングアップトレーニングの効果はスポーツだけでなく、楽器演奏などの音楽の世界や、囲碁・将棋、百人一首などの競技にも発揮することができます。
緊張しすぎていたり興奮しすぎているときは、「リラックス方法、呼吸法」を使って気持ちを落ち着かせることも必要ですが、気分が乗らない時、気弱な時、リラックスしすぎている時には、サイキングアップによって意識的に緊張を高めることも必要なのです。

 

ただし興奮しすぎるのも良くないため、普段からのトレーニングでコントロールできるようにしておけば、いつでも実力通りの力を発揮できるようになります。

 

例えば、
・今日は朝から何をやっても上手くできない
・最近気分が憂鬱
・今日の対戦相手は見るからに手強そう
・明日は大事なスピーチがあるのに不安な気持ちでいっぱい
・練習のしすぎで体が重いような気がする

 

といった時でも、サイキングアップトレーニングによって、ドーパミン・アドレナリン等の神経伝達物質の分泌を高め、運動機能調節、ホルモン調節、快適な感情表現が可能です。

 

サイキングアップトレーニングの方法としては好きな音楽を聴いたり、大声を出して気合を入れる、呼吸を早める、など最適な覚醒手法が様々ありますから自分にあったサイキングアップトレーニングを見つけてほしいと思います。

サイキングアップトレーニングの効果関連エントリー