筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

記憶力トレーニングの効果的な方法

記憶力トレーニングを積んで、記憶力を向上させたいと思っている人は多いと思います。
記憶力がよければ、高校・大学の受検、就職試験、資格試験など簡単に合格できそうな気がしますよね。

 

勉強や仕事をテキパキと進めるには、やっぱり記憶力がものをいいます。
生まれつき記憶力の良い人はいますが、誰でも記憶力をあげるには記憶力トレーニングをすれば良くなります。
記憶力トレーニングの具体的な方法は、インターネットで検索すれば様々な方法やノウハウが紹介されていますので、自分にあっていると思う方法を選べば良いでしょう。
ここでは、どの記憶力トレーニング方法でも共通しているような事を紹介してみたいと思います。

 

人間の脳には限界がないといわれ、スーパーコンピューターよりも優れているという人もいます。
しかし、人間は機械ではないので、記憶するための作業を休まずに延々と続けることは不可能ですし、長時間続けると能率も低下します。
ですから、記憶力トレーニングをする時は、時間配分をしたうえで効果の上がるような計画を立てて行うことが大切です。

 

例えば、1日5時間同じ勉強するよりも、1日1時間を5日間行う方が記憶に残りやすく効果的です。
記憶力トレーニングを行う時間帯については夜に行う方が良いと書かれているノウハウが多いですね。
その理由は、記憶が定着するのは寝ている間のほうが安定しているからだそうで、暗記してから寝る方が良いようです。
そして翌日に、昨晩暗記したことを思い出してみましょう。

 

人間の脳は引き出しみたいなものなのですが、せっかく暗記しても、記憶された事柄を上手く取り出せなければ意味がありません。
インプットとアウトプットの両方ができるようになることが記憶力トレーニングに求められることです。
記憶術と云われることもありますが、暗記したいことを単体のものとして暗記するのではなく、他のものと関連づけて覚えると、引出しから取り出しやすくなると知っておくと良いでしょう。

 

もうひとつだけ記憶力トレーニングのコツを紹介すると、暗記したいことを目にするだけでなく、紙に書きながら、声を出して覚えるとか、文字を見ながら同時にテープを聞くというように、人間の五感である、視覚、触覚、聴覚を同時に使う方が記憶に残りやすいようですよ。

記憶力トレーニングの効果的な方法関連エントリー