筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

右脳トレーニングで天才に!(2)

右脳トレーニングを行うことは、脳にとってとても良いことで、未知の脳・眠れる脳といわれる右脳の持つ無限の潜在能力を引き出すことができます。

 

私たち人間には五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)がありますが、この五感を使ってうける、情報や刺激、感覚、影響というもののうち80%が視覚からによるものです。
そして聴覚から得るものが15%あり、残りの5%は嗅覚・味覚・触覚からの情報だそうです。
このことからも目がいかに大切かということがわかります。

 

速読トレーニングをすることは右脳トレーニングにつながるといわれますが、右脳は潜在能力だと云われるように、意識的にその能力を引き出すことは難しいようです。
ですから普段から右脳トレーニングになるようなことを習慣付けることが、天才への近道ではないでしょうか。

 

日本の学校教育は、左脳に偏った記憶学習を受けているため、右脳が抑圧された状態になり、自由な発想やゆたかな創造性をもつ子供を育てることが難しいといわれています。
将来は国が右脳トレーニングになるような教育プログラムを作ってくれるかもしれませんが、現在はそうなっていないので、自分から進んで右脳トレーニングを行なうようにしましょう。

 

では、右脳トレーニングはどうすれば良いのでしょうか?
右脳トレーニングには「七田式」や「モバイル速読術」などのことをよく聞きますが、そのほかにも丹田呼吸法、シャープアイ・トレーニング、ペグ法記憶術、残像訓練法、太陽瞑想法などいろいろな方法があります。

 

また、右脳トレーニング用のDSソフトが販売されていたり右脳活性化のためのサイトもちょっと検索するだけでたくさん出てきます。
右脳を使った効率的な勉強法や思考法、記憶術、能力開発方法などたくさんありますが、費用を掛けないでできる方法もたくさんあります。
自分に合った右脳トレーニング方法を是非見つけて、天才になりましょう!

右脳トレーニングで天才に!(2)関連エントリー