筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

速読トレーニングで時間を有効活用

速読という言葉をほとんどの方が知っていると思いますし、何らかの速読トレーニングをしたことがある人も多いのではないでしょうか?
速読ができれば有利なことが色々あります。

 

速読が出来るということは、時間を有効活用できるということです。
学生にしろ、社会人にしても、文字を読むという行為からは一生逃れられません。
テレビを見ていても音声だけでなく、文字を読まなくてはいけませんよね。
私達は一生の間にどれくらい文字を読んでいるのでしょうか?きっとすごい時間をかけていると思います。

 

しかし、速読を身に付けようとすれば、速読トレーニングをしなければいけません。
トレーニングすれば誰でも、一定レベルの速読能力は付くそうですが、身に付くまでは毎日速読トレーニングをしなければいけないようです。

 

速読は基本的に斜め読みやパラ読みとは違います。
はやく目で文字を追うことができたとしても、文章を理解することができなければ意味がありませんから、理解ができて初めて速読をマスターしたことになります。

 

では、速読トレーニングの方法とは何が必要なのでしょうか。
速読トレーニングのノウハウ本や、通信講座、パソコンソフトなど、色々と販売されているようですが、一番重要なのは、集中力でしょう。

 

一般的には、集中力をつけるトレーニング、視線移動トレーニング、視野を拡大するトレーニング、読みトレーニング、イメージトレーニングの5分野にわけてトレーニングすることが多いようです。
速読は初心者の方でも3〜5倍の速さで読めるようになり、トレーニングを積めば30倍くらいの速さも可能だそうです。
これだけ速く読むとなるとやはり集中力も相当身に付けなければいけないということでしょう。

 

また、視野を拡大するトレーニングも、その気になってやらなければ身に付かない技術だと思います。
通常の人の視野は3〜6文字程度ですが、視野拡大トレーニングによって10〜30文字以上に広げ、さらに1行30文字を5行同時に読むところまで訓練します。
そこまでできるかどうかは別として、視野を拡大し、視線移動速度を速めるということが、速読トレーニングの内容になります。

速読トレーニングで時間を有効活用関連エントリー