筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

直感力トレーニングで豊かな人生にしよう

直感力トレーニングで直感力を鍛えることは、物事を考える時、何か行動を起こそうとする時、ビジネスやスポーツにおいても、とても重要なトレーニング項目となります。

 

直感力とは何でしょうか?
「何となく…」?「ひらめき」?「虫のしらせ」?「第六感」?いろいろな言い方の違いはあるでしょうが、直感力は言葉では簡単に説明できない、理論的にも科学的にもまだ十分に解明されていない脳の持つ不思議な能力のことです。

 

仕事がうまく運ぶようになるのも、成功した人生だったと言えるようになるのも、直感力が強いかどうか、判断力や想像力が少しだけ人より優れているかどうかで決まります。
そして直感力トレーニングを積めば自分の中に眠っている素晴らしい力、その能力は高まり、複雑怪奇な現在社会において“生きるための能力”となり豊かな人生を過ごすことができるでしょう。

 

歴史的な成功者を見ると五感が優れていたとよく言われます。
例えば、何か胸騒ぎがしていつもの出勤時間よりも10分早く家を出たことによって、通勤道路で起きた事故の大渋滞に巻き込まれなくて済んだなんていうことは時々あると思いますが、これも右脳による五感が働いて「虫の知らせ」があったということです。
将棋で七冠独占を果たした天才棋士の羽生善治さんは「直感の七割は正しい」と言い、勝負の分かれ目では読みよりも直感を信じたほうが良い結果に結びつくことが多いそうです。

 

直感の性格というのは非言語的なメッセージであって、その時々で個々人に直感力が働くタイミングはことなり、また経験を積めば積むほど直感力は強くなります。
数人の仲間と同じ時に目の前に広がる景色を見たとしても、人によってその景色の見え方が違います。
ある人は初めてみる景色が殺風景だと映るかもしれませんが、他の人はその時景色の上に浮かぶ雲の形まで印象に残ったり、また以前そこを訪れたことがある人は以前との違いに気が付いたりと、脳の反応は人によって違いますから、直感力を真似ようと思ってもできるものではありません。

 

では、直感力のトレーニングってどうすれば良いのでしょうか。
直感力トレーニングについての著書もいくつか出版されているのでそれらを参考にしてほしいですが、直感力トレーニングはイコール右脳トレーニングでもあります。
七田式超右脳イメージトレーニング 」のやり方では、高速の視聴読で右脳が活性化され、右脳のイメージ力が開花することで、直感力も備わってくるでしょう。

 

その他の簡単な方法では、電車の中吊り広告を3秒見て目を閉じその広告を頭に描く、街をウインドショピングしたときは家に帰ってからその店の様子やすれ違った人の顔を思い出すなどを意識的に行うことで、右脳トレーニングができます。

 

また、直感力そのもののトレーニング方法として、数字や絵柄の書かれたカードを5枚〜7枚程度用意してシャッフルします。
カードを裏かえしてふせ特定のカードがどれか直感で当ててみます。
毎日10回繰り返して何回当たるか統計を取ってみるのも良いでしょう。

 

直感はこれまでに生きてきた経験を基にして、それぞれの人の受け止め方で脳の反応が異なり、直観力に活かされます。
そのため、全く持ち合わせていない情報に対しては直観力は働かないことがあるでしょう。

 

直観力を真に発揮させるためには、右脳トレーニングによる直感力トレーニングを行い、直観力が作用するようにアンテナを大きくし生活の幅を広げる必要もあるでしょうね。

直感力トレーニングで豊かな人生にしよう関連エントリー