筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ダイエットのためのトレーニング

ダイエットしたいと思っている人は星の数ほどいて、痩せるためのダイエット方法も山の数ほどありそうですが、なかなか自分にピッタリのダイエット方法は見つかりにくいのではないでしょうか?

 

ダイエット方法には、食べないで痩せる、食べながら痩せる、塗るだけでやせる、寝ながら痩せる、などいろいろと楽して痩せる方法が出回っていますが、個人的には最も効果的なダイエット方法は、体を動かして脂肪を燃焼させるトレーニングによるダイエット法だと思います。

 

当サイト内の「ダンベルトレーニングでダイエット」「背筋トレーニングでダイエット」でも美容面からダイエットトレーニングを紹介していますが、ダイエットトレーニングには有酸素運動無酸素運動の両方が必要です。
脂肪を燃やすには酸素が必要で、激しいトレーニングの必要が無い有酸素運動の方がダイエットに適しているように思えますが、無酸素運動は筋肉の土台となるものを作ってくれますから、よりエネルギーを消費しようと思えば、無酸素運動による筋肉もあるほうが効率はよくなります。

 

筋肉を活性化すれば太りにくい体質ができますし、なにより体が引き締まってくるのでスタイルがよく見えます。
有酸素運動では運動時間を意識して行なうようにしましょう。
無酸素運動のように大きな負荷はかけませんが、20分、30分、・・・と長く行なうことで脂肪が燃える時間も長くなります。

 

決して連続しておこなう必要もありませんから、1日のうち5分ずつの細切れ時間を活用するという方法でも構いません。
とにかく体を動かすことが大事です。

 

筋肉がつくと体重が増えるからと言って、筋力トレーニングを嫌がる方がいますが、これは脂肪を燃やそうとすれば、基礎代謝が上がるように体の筋肉をつける必要があることを知らない人です。
ダイエットトレーニングとして筋力トレーニングを始めようとする時は、体の土台となる体幹筋から意識してトレーニングするようにしましょう。

 

体幹トレーニングの重要性」でも紹介しましたが、体幹筋というのは胸、背中、お腹、脚に取り付いている筋肉で、体幹筋は消費するエネルギーも大きく、体の姿勢やボディラインを作っている重要な部分です。
体幹筋を中心としてダイエットトレーニングで筋肉を鍛えることで太りにくい引き締まった美しい体を作ることができます。

 

ダイエットトレーニングをするために効果のある器具といえばダンベルがあります。
いちばんお手頃で効果が上がる筋力トレーニングアイテムとしては色々と応用もきくダンベルではないでしょうか。

 

また自宅でできるダイエットアイテムといえば、ステッパーがあります。
少し場所をとるかもしれませんが、ステッパーは楽しく出来るよという人も多く、脂肪燃焼運動で余分な脂肪を燃焼させてくれます。
あとは、バランスボールやEMS運動器、乗馬運動器具などいろいろありますが、人の噂を気にせずに、「自分に合ったもの=長く継続」出来そうなものを選びましょう。

 

さらに、ダイエットトレーニングと相性のよい食事内容として、低脂肪で蛋白質の多い食事がありますが、これも意識しておけばダイエットはかなり進むと思います。

ダイエットのためのトレーニング関連エントリー