筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

スロージョギングの勧め

スロージョギングをすることは、体の健康のためにも脳の活性化にためにも素晴らしく効果的な運動です。
筋肉トレーニング美容トレーニング脳トレーニングでもなく、ゆっくりとジョギングすることで、ほとんどのトレーニング方法の変わりにになるという人までいます。

 

スロージョギングがもたらしてくれる効果には、ダイエットができた、血糖値が下がった、中性脂肪が少なくなった、コレステロール値が下がった、善玉菌が増えた、高血圧が改善した、などの生活習慣病予防だけでなく、尿酸値が下がった、長く走っても疲れない、記憶力が良くなった、朝の目覚めが良くなった、お通じがよくなった、乾燥肌が改善した、ウエストが引き締まる、夫婦げんかが減った?など、口コミの評判がすごく良いんです。

 

ある研究によるとスロージョギングの方がストレッチ運動よりも、前頭前野が多くなり判断力や決断力、ワーキングメモリーが向上する結果が得られたといいます。
また、スロージョギングを続けていると毛細血管の数が23%も増えたという記事もありましたね。

 

<スロージョギングの走り方>
スロージョギングというのは速筋を使わないジョギング方法のことで、本来であれば走る時に使われる筋肉を使わず、持久力・耐久力を重視し、遅筋を使って非常にゆっくりとした走り方をします。

 

スロージョギングの走り方は、
@背筋を伸ばし、やや前傾姿勢気味の姿勢
A地面を強く蹴らず、地面を押すような感じの走り方
Bおしゃべりしながらでも走れる程度のスピード
Cスロージョギングは1日30分でOK
D疲れたら歩くこと

 

何だかこの方法だとウォーキングより楽チンそうですよね?ウォーキングは結構疲れますから。
スロージョギングは遅筋のみを使う走り方なので、この走り方をマスターすれば、ほとんど疲れずに長い時間でも走る事ができるようになります。

 

スロージョギングでは乳酸がたまりにくいという特徴があるということからも、疲れにくいジョギング方法だという事が理解できます。
ということは、スロージョギングを練習すれば、タイムは別としてフルマラソンも難しくなく完走できるかもしれませんね。

スロージョギングの勧め関連エントリー