筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ウォーキングの歩き方@(特徴・効果)

ウォーキングというのは言うまでもないかもしれませんが、歩くことを主体とした健康法で、スポーツの中でも最も手軽で、体への負担が少なく安全な有酸素運動ととして、老若男女問わず人気のある運動です。

 

ウォーキングが誰にでも大人気なのは、その効果が有酸素運動をはじめとして多岐に渡るにも拘らず、いつでもどこでも出来る手軽さや、特にお金をかけずにでき、アスリートが目指しているような特別な技術も必要も無いというのが大きな理由だと思います。

 

ウォーキングの効果にはすごいものがあって、ウォーキングだけしてれば一生健康でいられそうな気がします。
どういう効果があるかとみてみると、

 

@酸素を取り入れて行なう有酸素運動のため、脂肪を燃焼させ、ダイエット効果があります。
A脳にも酸素が行き渡り、脳の働きが活発になるため、活性化され記憶力がアップします。
Aウォーキングによって血管が刺激されるので血行が良くなり、冷え性や美容に効果があります。
B歩くことによって骨に適度な刺激を与え、付加がかかる時に骨にカルシウムが吸収されるので骨の強化になります。
Cウォーキングすれば心拍数が上がりますが、これは酸素を取り込む能力をアップさせているわけで、心肺機能を高めることができます。
D筋肉にも刺激を与えることが出来るので、腕足腰背筋などの筋力低下を防げます。

 

その他にも、体力が付く、生活習慣病の予防、ストレス解消など多くの効果が期待できます。

 

私もウォーキングというか散歩というか、休日にはよく歩きに出かけますし、平日もできるだけ自転車や車を使わずに歩くことを心がけています。
ウォーキングはマイペースで出来ますし、頭がすっきりして色々なことが頭に浮かんでくるので、結構楽しいものです。

ウォーキングの歩き方@(特徴・効果)関連エントリー