筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ゴルフとイメージトレーニング

イメージトレーニングはどんなスポーツでも取り入れられていて、その重要性はますます高くなっていると言えます。
私もゴルフが好きで下手なりにも年に数回はコースでラウンドするのですが、ゴルフはイメージトレーニングが特に重要なスポーツ競技であるような気がします。

 

ゴルフも他の選手と競い合うスポーツですが、野球やテニスのように直接相手選手と接触することがなく、自分の敵は、ゴルフコースであり、風や雨、暑さ、寒さ、自分の体調などと言えなくありません。
そのため良いスコアを出すためには、技術的なことはもちろん必要ですが、メンタルな部分の影響がすごく大きく、イメージトレーニングが非常に大切だと思います。

 

一流のプロゴルファーと呼ばれる人であっても、ボールを打つフォームはいつも一定ではありません。
もちろんアマチュアとは完成度が違いますから、全く同じに見えるでしょうがアマチュアの目ではあまり判らないフォームの違いです。

 

プロ中のプロの練習量は半端なく多いですが、その練習中でも常にイメージトレーニングしながら、実際のボールを打っています。
イメージと現実が一致したスイングでなければ、同じ球筋のボールは打つことができませんから、頭の中で描く理想のスイングとそれによって生まれる球筋が現実に一致するまで、イメージトレーニングしながら延々と練習しているわけです。

 

そして、良いショットが打てたときはその時の感触を忘れないように、すぐに同じように打とうとするのではなく、時間をかけてイメージを描きながら色々な体の箇所をチェックするんだそうです。
私の場合も練習で良いボールが打てたときは、フォームを固定するようにと、調子がいいときはバンバン打ちますが、そうではなくて、身体の動きをイメージして頭に記憶させながら反復練習し、それを後日上手に引き出せるかが問題なわけですね。

 

以前聞いた話で、日本アマに毎年出場している選手がいますが、その選手は本業が忙しいために練習場に通うこともあまり出来ずにいるとのこと。
なのに毎年アマのトップレベルを維持しているのです。

 

その秘訣は、自転車通勤による足腰の強化とイメージトレーニングなんだそうです。
自分の理想のスイングができているイメージトレーニングを欠かさずするだけでも、充分練習不足を補えるんだと感心しました。

 

イメージトレーニングが苦手だという人もいるでしょうし、ゴルフトレーニングのやり方も人それぞれですが、ゴルフが好きで好きで仕方がないという人は、やっぱり時間と場所を選ばずにイメージトレーニングしている人は多いようです。

ゴルフとイメージトレーニング関連エントリー