筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

目的別トレーニングエントリー一覧

効果的な野球のトレーニング方法
効果的な野球のトレーニング方法とは何か?、と言っても一言では答えられないほど、野球というスポーツは奥が深いです。一通りの基礎体力はもちろんあったほうが良いですが、野球は9回まであって1回ごとのプレーが連続していないので、その分瞬発力も必要になります。少年野球から、高校野球、草野球に、プロ野球と、立場が違うとトレーニング方法は変わってくるでしょうが、共通していることは、野球は投げる、打つ、走る、捕るという事が基本となります。その中でもキャッチボールというのが一番大切なトレーニングになると思います。...
マラソントレーニングについて
マラソントレーニングというのはマラソンを走る人のためのトレーニング方法です。マラソンの正式な距離は42.195キロですが、競技の種類によってはハーフマラソンであったり、10キロマラソンや100キロマラソンというのもあります。距離の長さは別にして、マラソンに挑戦しようとすることは、完走が一番の目標だと思います。マラソンを完走するためには、どんなトレーニングをどれだけすればよいでしょうか?ということになると、今現在の日々の運動量や、スポーツ経験、1日にとれるトレーニング時間などが、関係してくると思い...
ウォーキングの歩き方@(特徴・効果)
ウォーキングというのは言うまでもないかもしれませんが、歩くことを主体とした健康法で、スポーツの中でも最も手軽で、体への負担が少なく安全な有酸素運動ととして、老若男女問わず人気のある運動です。ウォーキングが誰にでも大人気なのは、その効果が有酸素運動をはじめとして多岐に渡るにも拘らず、いつでもどこでも出来る手軽さや、特にお金をかけずにでき、アスリートが目指しているような特別な技術も必要も無いというのが大きな理由だと思います。ウォーキングの効果にはすごいものがあって、ウォーキングだけしてれば一生健康で...
ウォーキングの歩き方A(正しい歩き方)
ウォーキングと散歩は違います、と、思っています。人間は生まれてから暫らくすれば、歩くことが出来るようになり、病気や大きな怪我をしなければ、一生歩き続けるわけですが、人生には人それぞれあるように「歩き方」も人それぞれにあります。ですから、その人の歩き方を他人が、間違っているとか、正しくない歩き方だとか言う必要はないと思っています。ただ、歩くことに対する目的が違う場合がありますよね?あえて、歩き方をウォーキングと散歩に分けるならば、ウォーキングは身体・体力面に重点を置いて心肺機能アップ、筋肉筋力の維...
ジョギングの効果・トレーニング方法
ジョギングには様々な健康効果があるので、ウォーキングと並んで実践されている方が非常に多いです。ジョギングは有酸素運動の代表的な運動ですからダイエット目的でジョギングを始める方が多いと思いますが、その他の効果として、コレステロールが減少する、中性脂肪が少なくなる、血糖値が下がり糖尿病予防になる、尿酸値が下がり痛風予防になる、眠りが深くなる、骨が丈夫になる、体力・持久力がつく、高血圧症・動脈硬化などの生活習慣病予防、ストレス解消など、挙げていくと実に沢山の効果が得られます。ただ、ウォーキングよりも体...
スロージョギングの勧め
スロージョギングをすることは、体の健康のためにも脳の活性化にためにも素晴らしく効果的な運動です。筋肉トレーニングや美容トレーニング、脳トレーニングでもなく、ゆっくりとジョギングすることで、ほとんどのトレーニング方法の変わりにになるという人までいます。スロージョギングがもたらしてくれる効果には、ダイエットができた、血糖値が下がった、中性脂肪が少なくなった、コレステロール値が下がった、善玉菌が増えた、高血圧が改善した、などの生活習慣病予防だけでなく、尿酸値が下がった、長く走っても疲れない、記憶力が良...
ウエイトリフティングのトレーニング
ウエイトリフティング(重量挙げ)というのはオリンピック種目にもなっていますからご存知方も多いと思いますが、バーベルを両手で頭上に持ち上げて、その重さを競いあうスポーツのことです。バーベルを挙げるという競技なので、ウエイトリフティングのことを、競技そのものが筋力トレーニングの延長であるとか、腕自慢、力勝負みたいに思われがちです。しかし、これは大きな誤解で、実際は腕力や背筋に頼ってバーベルが持ち挙げられるのではなく、足腰のバネやスピード、左右上下のバランス、タイミング、さらにメンタルな部分にも大きく...
リハビリとトレーニング
リハビリテーションというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?私のリハビリのイメージというと、病院で行なわれる平行棒を使っての歩行トレーニングや、ストレッチ体操などを思い浮かべてしまいます。しかしながらリハビリテーションは、単純に機能訓練をさす言葉ではなく、病気やケガが原因で心身に障害を持った時、基本的な日常生活や広く社会生活を営むために必要な能力を回復させるため、多数の専門職種が連携して行なうまざまな療法のことを言います。例えば交通事故に合って手や指の関節の動きがスムーズでなくなり、箸を持...
ダイエットのためのトレーニング
ダイエットしたいと思っている人は星の数ほどいて、痩せるためのダイエット方法も山の数ほどありそうですが、なかなか自分にピッタリのダイエット方法は見つかりにくいのではないでしょうか?ダイエット方法には、食べないで痩せる、食べながら痩せる、塗るだけでやせる、寝ながら痩せる、などいろいろと楽して痩せる方法が出回っていますが、個人的には最も効果的なダイエット方法は、体を動かして脂肪を燃焼させるトレーニングによるダイエット法だと思います。当サイト内の「ダンベルトレーニングでダイエット」「背筋トレーニングでダ...
ゴルフとイメージトレーニング
イメージトレーニングはどんなスポーツでも取り入れられていて、その重要性はますます高くなっていると言えます。私もゴルフが好きで下手なりにも年に数回はコースでラウンドするのですが、ゴルフはイメージトレーニングが特に重要なスポーツ競技であるような気がします。ゴルフも他の選手と競い合うスポーツですが、野球やテニスのように直接相手選手と接触することがなく、自分の敵は、ゴルフコースであり、風や雨、暑さ、寒さ、自分の体調などと言えなくありません。そのため良いスコアを出すためには、技術的なことはもちろん必要です...
ボクシングでシェイプアップトレーニング
ボクシングでシェイプアップ、ダイエットをしようと頑張っている方は以外と多いです。ボクシングジムでもダイエットのためのメニューを揃えてあったり、女性専用のボクシングジムが運営されていたりします。ボクシングというと、テレビで世界タイトルマッチを見ることができるので、血みどろの殴り合いというイメージを持たれる方も多いですが、ボクシングを健康のため、シェイプアップのため、また筋力トレーニングの一環として行うことは非常に効果の高いトレーニング方法だということが言えます。スポーツをするため、健康のために身体...
バスケットボール トレーニング
バスケットボールが上手になるためのトレーニングにはたくさんの方法・種類があります。バスケットボールというスポーツの動きは、5人で1チームと比較的少人数の団体競技なのに、ボールを手に持ったりパスやドリブル、ジャンプ、ダッシュが多く、ポイントを奪うためのゴール(リング)が高いところにあるため、他のスポーツと比べて求められる動きも多彩です。またストップ、ダッシュ、ジャンプなどの動きは連続していて激しいので、基礎的な走力や運動能力を鍛えることも重要です。それに、ゲームを考えるとチームプレイとしての状況判...
少年サッカーのトレーニング方法
サッカーというスポーツは他の球技に比べて得点を入れるのは極めて難しいスポーツです。ゴールがあれほど大きいにもかかわらず、両チームを合わせても2ケタ得点することが稀なのはボールを足でコントロールしなくてはいけないところにあるからでしょう。プロのサッカー選手に憧れ、将来はJリーグの選手を目指している少年が多いのは、カッコ良さもありますがサッカーというスポーツがやればやるほど奥が深くて、苦しさも忘れるほど面白いところであり、ゴールが難しいだけに得点できた時の喜びの大きさが他のスポーツにはないからではな...
柔道のトレーニング方法
柔道は日本の国技でありオリンピックでも唯一日本語で試合が進められる伝統あるスポーツです。柔道はよく「礼に始まり、礼に終わる」といわれ、練習でも試合でも始めと終わりには必ず礼をし、相手に尊敬の意を示して行われる武道ですね。柔道のトレーニング方法にもいろいろあるあるわけですが、激しく身体をぶつけあい運動量の多い格闘技ですから、まずは入念な準備運動で充分筋肉をほぐし、体をやわらかくして怪我のないようにすることが大切です。また、柔道の初心者の方は、すぐに技を覚えたいと思われるでしょうが、自分の身体を守る...