筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

リラックス方法、呼吸法

イメージトレーニングを効果的に行うためには心身の状態をリラックスさせることが大切です。
リラックスする方法としては腹式呼吸などの呼吸法が一番身近で最も優れた方法でしょう。

 

呼吸は人間の脳波と密接な関係があり、「1分間に1呼吸で呼吸が出来るようになれば、超能力を発揮できるようになる」という人もいるくらい、呼吸は脳の活動や身体への影響が大きく、人間の能力開発を行なう上で外すことができない行為です。

 

具体的な呼吸法をご紹介しますので、リラックスしやすいと感じる自分に合っていそうな呼吸法を見つけてください。

 

@15秒呼吸法

・最初は息を5秒間で吐き出します。 多くの人は深呼吸をすると吸い込むところから始めますが、これは間違いで、体内の空気を全て吐き出さないときれいな空気を体内に取り入れることができません。
・次に5秒間息を止めます。
・最後に5秒間で息を吸いますが必ず鼻から吸うようにしてください。
これを1分間に4回できますから、20回(5分間)行ってください。

 

A腹式呼吸法

・背筋を伸ばして椅子に座るか、または床に仰向けで寝てください。
・身体の力を抜き、目を閉じてへその下あたりに意識を集中します。
・ゆっくりと、お腹がへこむのを意識しながら息を吐ききります。
・次に鼻からゆっくり息を吸い、お腹が目一杯ふくらんだところで息をとめます。
胸式呼吸で呼吸をすると、二酸化炭素を出し切ることができないので、体に必要な酸素を取り入れるためには腹式呼吸が大切です。

 

B色彩呼吸法

色彩呼吸法というのは色の持つ生理的影響力を利用して、よりリラクゼーションすることができる呼吸法です。

 

色の特徴を簡単に説明すると、赤やオレンジなどの暖色系は、太陽や火を連想して暖かさを感じ行動を活発にする作用があります。
青や緑といった寒色系は、水や海底を連想し涼しさを連想させ、神経の高ぶりを鎮める作用があります。
リラックスするためには、パステル調の青や桃色、緑のほか、自分の好きな色が良いでしょう。

 

・最初にリラックスできそうな色を思い浮かべます。思い浮かばない時は実際にその色をした小物などを用意して見つめてください。
・色が見えてきたときは、次に、落ち着ける部屋や緑の公園などで、くつろいでいる自分をイメージします。
・そしてリラックスできそうな色を再び思い浮かべ、その色がついた空気を吸い込むところを想像します。
鼻からゆっくりと吸い込み、息を止め、色つき空気で身体全体が満たされていることを意識します。
・最後に吸い込んだ色つき空気は体中を駆け巡り、疲れを吸収してくれることを思い浮かべながら、ゆっくりと吐き出します。
コレを3分間もすればリラックスできていることは間違いないと思いますよ。

 

 

リラックスするためにはこれらの呼吸法に加えて力を抜く(脱力)こともしてみてください。
椅子に座って目を閉じ、親指を握りこみ、肘を曲げ、肩をすぼめるように持ちあげます。
そして一気に脱力します。
また、両肘を肩まで上げながら、胸を突き出して肩甲骨を寄せ、目は少し上を見上げます。
そして一気に脱力します。
脱力すると自然と交感神経の働きが抑制されるので、よりリラックスできるようになるでしょう。

リラックス方法、呼吸法関連エントリー