筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

インナーマッスルトレーニングとは

インナーマッスルという言葉を最近よく聞くようになりましたよね。
今、トレーニングと言えばインナーマッスルトレーニングのことが話題になっています。

 

インナーマッスルとはそもそも何なのでしょうか、インナーマッスルという名前の筋肉があるわけではありません。
インナー(Inner)とは、「内部の、奥の」という意味なので、インナーマッスルは内側の筋肉ということになるでしょうか。

 

インナーの反対にアウター(outer)という言葉があるので、アウターマッスル(外側の筋肉)もありますが、アウターマッスルは大胸筋や、上腕二頭筋のような身体をみれば、鍛えられているかどうかすぐに分かる筋肉のことです。
普通に行なわれる筋力トレーニングはアウターマッスルトレーニングになります。

 

ここでインナーマッスルとアウターマッスルの役割の違いを言っておきたいと思います。
アウターマッスルは鍛えれば大きなパワーを出してくれますが、動きは直線的になります。
これに対してインナーマッスルはアウターマッスルを補助しているというか、体をひねったり手足を曲げたりすることに優れた筋肉なんです。
私達の身体がアウターマッスルしかなければ、その動きは曲げたり伸ばしたりしか出ないロボットのような動きになりますが、インナーマッスルの役割で、身体を回転させたりして、しなやかな動きができるというわけです。

 

スポーツをする上でもインナーマッスルは重要です。
筋肉はパワーがあるだけではダメです。
パワーを効率よく、多彩に動かせる柔軟な筋肉がとても大切で、インナーマッスルとアウターマッスルの両方をバランスよくトレーニングすることが必要になります。

 

それではインナーマッスルトレーニングの方法はどうすれば良いのでしょうか?
インナーマッスルは、アウターマッスルの補助をするだけでなく、関節をしっかりと固定する役目があるので、関節痛などの痛みを解消する働きや、ボデイバランスを向上させる役割もあります。
しかし、絶対に間違いのないインナーマッスルトレーニングというのはまだ確立されていないようです。

 

一般的にはスロートレーニングを行なうように、比較的ゆっくりとした動作のトレーニングがインナーマッスルには伝わるようです。
例えば、背筋トレーニングで、バンドを使って腕を曲げ伸ばしする動作のときであれば、負荷を小さくして、ゆっくりと背筋を意識しながら行なえば良いでしょう。

 

最近好評を呼んでいる、チューブやバンドを使用したトレーニングが良いと思います。
また、ストレッチ体操を充分することは、筋肉をほぐすことができ、インナーマッスルも効率よく動くので、効果的なトレーニング方法だといわれます。

インナーマッスルトレーニングとは関連エントリー