筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

胸筋トレーニングとは

胸筋トレーニングというのは、胸の筋肉を鍛えることですが、胸筋トレによってバストアップし綺麗に見せることができるようになります。

 

全く運動もしないと、バストは年齢とともに下がってしまいます。
でも日常的に胸筋トレーニングを行なえば、バストアップできると聞き、トレーニングを始める女性が増えているそうです。

 

胸を大きくしようと思えば乳房の皮下脂肪を増やさせばよいのですが、お腹や背中にも脂肪は付くので、乳房の皮下脂肪だけを自然に増やすことは難しいです。
そこで、バストを支えている大胸筋を鍛えることによって、うつむき加減の胸を持ち上げて、ハリのあるバストにすることが可能なんです。

 

それでは、具体的にはどのような胸筋トレーニングの方法があるのでしょうか?
一番簡単で費用も、場所も掛からない方法は腕立てふせです。
腕立てふせと聞いて嫌な顔をした人も多いかもしれませんが、ひざ腕立てふせが良いようです。

 

ひざ腕立てふせのやり方は、からだの背面を一直線して、両手を少し内側に向ける感じの姿勢です。
そして、腕を曲げたときの肘は斜め後ろ方向に引きます。
息を吸いながら床すれすれまで伏せ、1秒静止した後、息を吐きながらゆっくり頭を持ち上げます。
何回くらいするかは人それぞれでしょう。

 

またひざ腕立てふせが苦手だという方は、チューブトレーニングの方法もあります。
立った時の肩くらいの高さの壁または柱にチューブを固定します。
壁または柱を背中にして足は少し開き、腕を前へ突き出すようにチューブで引くようにします。
チューブの太さや長さによって強さを調整できますし、ゆっくりと筋肉を鍛えることが出来ます。

 

ひざ腕立てふせでも、チューブトレーニングでも、急いで反動をつけるのでは効果が半減してしまいますから、胸の筋肉を意識しながら胸筋トレーニングをするようにすることがポイントですね。

胸筋トレーニングとは関連エントリー