筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ウェイトトレーニングの目的と効果

ウェイトトレーニングは言い換えれば筋肉トレーニングのことでもあります。
筋肉に負荷を与えて、筋肉の増大・増量をしようとするのがウェイトトレーニングの目的ですが、その方法は何でも重いものを持ち上げたり抱えたりすれば良いというものではありません。

 

体の鍛えたい部分によっても違いますし、その人の筋肉の体質によっても効果的なウェイトトレーニング方法というのは違ってきます。
ウェイトトレーニングは、主にスポーツ選手が更なる運動能力の向上を目的として、取り入れられることが多いです。

 

普通の生活をしている上では、ほとんど経験することのないような負荷を、あえて筋肉にかけることで、その部分の筋肉増強を図ろうというのがウェイトトレーニングですから、スポーツをしない普通の生活をしている人や、筋力トレーニングはしているが、健康の維持のためにやっているという程度では、ウェイトトレーニングは必要としません。

 

最近の近代スポーツでは、ウェイトトレーニングは特に重視されるようになり、そのスポーツで一流と呼ばれる選手ほど、ウェイトトレーニングを念入りにし、それによって培われた筋力がなければ表彰台にのぼることは難しくなっています。

 

オリンピックを目指す選手や、プロ野球の選手など超一流選手になりますと、ウェイトトレーニングは生活の一部になりますし、スポーツジムにあるようなマシンを使って効率的で、効果的な無駄のない筋肉を作り上げなければなりません。

 

しかし、スポーツをしなければウェイトトレーニングは必要ないのかというと、決してそんなことはありません。
逆にウェイトトレーニングを取り入れることで体が鍛えられ、健康増進になりますし、メタボ症状のある方にはダイエット効果があると思います。

 

ウェイトトレーニングは通常、バーベルダンベル、専用のトレーニングマシンなどを使って行われ、主流の種目としてはベンチプレス、スクワット、デッドリフトなどがあります。

 

詳しい解説はここでは省きますが、マシンを使用したトレーニングであれば、自分の体のどの部分を鍛えたいのかによってマシンの選択も違ってきますから、スポーツジムを利用する場合は、専属のトレーナーと相談してみましょう。

ウェイトトレーニングの目的と効果関連エントリー