筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

トレーニングシューズの選び方〜ランニングシューズ

トレーニングシューズといっても、スポーツの種類によってトレーニングシューズの形が違ってきます。
サッカー用のトレーニングシューズがありますし、バスケットボール用のトレーニングシューズもあります。

 

どんなトレーニングシューズが良いのか悪いのか、素人ではなかなか判断がつきにくいものですから、最初は出来るだけ多くのトレーニングシューズを取り扱っているショップにいって、シューズアドバイザーに自分に合ったシューズを探してもらうのが良いでしょう。

 

ここではマラソンランニングシューズを例にとってトレーニングシューズの選び方を見てみます。
マラソンシューズには、レース用とトレーニング用のシューズがあります。

 

レーシングシューズは、レース用ですからスピードが出せるように、片足で250g以下の重さに納められ、ソール(底)が薄くなっています。
そのため、トレーニング用より筋肉や関節にも負担がかかるので、初心者などが履いていきなりレースに出ると足を痛めることになります。

 

マラソン用のトレーニングシューズは、長い時間の走りにも脚への負担が軽く済むように考えられており、ソールが厚くて、重さも300〜350g程度あり、脚の保護を優先に作られています。
初心者がレースに出る場合は、レーシングシューズよりトレーニングシューズの方が良いと思います。

 

ランニングシューズの安定性と重さは相反関係にあるので、クッション性能と安定性をよくしようとするとソールが厚くなり、多少重くなりますが、足の筋力が弱い初心者や、体重のある人にはケガを防止するためにも安全なランニングシューズを選んでください。

 

ランニング専用に開発されたシューズですからバランスよく作られているのですが、そのバランスを無視したような購入の仕方をする人がいます。
女性の方に多いようで、例えば自分の足が23センチだと決め付けてしまうため、実際は24センチが合っているのに、24センチを購入しなかったために指先を傷めてしまったという事があるそうです。

 

トレーニングシューズを選ぶときに一番大事なことは、値段や、デザインで選ぶのではなく、試しに履いてみてピッタリフィットしているかどうかです。
これができないでランニングシューズを選んでしまいますと、トレーニングの効果もなくなるどころか、足を故障して走れなくなることも、ないとは言えません。

トレーニングシューズの選び方〜ランニングシューズ関連エントリー