筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ダンベルトレーニングは便利で効果的

器具を使ってする筋力トレーニング方法は山のようにありますが、ダンベルトレーニングを実践している人は多いでしょう。
ダンベルトレーニングの良さは、ちょっとした空き時間を使って、ピンポイントで体を鍛えることができる所です。

 

鍛えたい部分に合わせて、たとえ3分間でもダンベルトレーニングするだけで、家はもちろん会社でも手軽にでき、気分転換にもなるというのが魅力てきですよね。
また、ダンベルトレーニングをする目的も、筋肉を鍛えるだけでなく、ダイエットに利用したり健康維持のためにやっているというかたも多いと思います。

 

ダンベルを使って身体のどの部分を鍛えるのかというと、やはり上半身が中心となりますが、使い方で臀部、大腿部、大臀筋といった足の筋肉のトレーニングもすることが出来ます。
上半身では、腹筋背筋大胸筋から始まり、肩、腕、上腕二頭筋、手首などをトレーニングできます。

 

トレーニングジムに行くとたくさんの種類のダンベルが用意されていますが、これはトレーニングしたい筋肉によって重さも変えないといけないからです。
ダンベルの重量は重すぎても、軽すぎてもよくありません。
重さの目安としては、ひとつの動作をするのに10回を3セットできるくらいの重さが基本だそうですが、インナーマッスルを鍛えるのかアウターマッスルを鍛えるのかでも違ってきますし、その日の自分の体調によっても微妙に違ってくると思います。

 

ダンベルトレーニングの実際の方法には色々あります。
例として、女性が二の腕が気になるのでダイエットしたい、という場合のダンベルトレーニングは、ダンベルを肩の上で持ち、頭の上に突き上げるように上下させます。
これだけです。
これだけでも毎日数分行なえば、二の腕が鍛えられ、きれいにダイエットできると思いますよ。

 

ダンベルでトレーニングしようとするときのポイントは、上下あるいは左右に腕を動かすとき、あまり反動を利用しないようにすることです。
反動をつけると動きが速くなり、筋肉にダンベルの重さが伝わりませんから、効果が上がりません。
鍛えたい筋肉を意識しながら、程よい疲労感が伝わってくる程度がちょうど良いです。

ダンベルトレーニングは便利で効果的関連エントリー