筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ケーブルマシンの特徴

トレーニングマシンにもいろいろなものがありますが、トレーニング初心者でケーブルマシンを見るのは初めてという人には、ちょっと威圧感を感じるかも知れませんね。

 

でもケーブルマシンを使えば背筋胸筋、腕、足、ヒップなど、1台で身体のほとんどの部分を鍛えることができますから、これをすすめるトレーナーも多いようです。
使い方を工夫すればどんな動きにでも対応でき、自由度の高いトレーニングマシンです。

 

ケーブルマシンの特徴は、立った姿勢でケーブルを押し出したり引き出したりすることができる点で、他にも

 

@身体の方向を変えながらひねりを加えることができる
A片腕だけ、片足だけでもトレーニングできる
B座ったり床に寝ながらでも使える

 

など、ベンチプレス等のトレーニングマシンと違って、変化に富んだ動きが可能です。
ただ、ケーブルマシンにもメリット・デメリットがあるので、その特徴は知っておいてほしいと思います。

 

デメリットとしては、ケーブルは固定されず上下左右、自由に動くわけなので、動作の軌道が安定せず、トレーニングに慣れていない人は身体がぶれてしまうことがあります。(身体を支えるバーの付いたケーブルマシンもあります)

 

そのためピンポイントに鍛えたい筋肉があっても十分な負荷をかけられない場合があり、効果の出るフォームが固まるまで練習する必要があるでしょう。

 

しかしそのデメリットと相反して、ケーブルマシンは軌道が固定されていない分、関節にかかる負担も少ないですし、バーベルのように落として怪我をする危険もほとんどなく、初心者でも安全に筋トレができるというメリットがあります。

 

ケーブルマシンはかなり高価なので、どこのスポーツジムにもあるというわけではないですが、自由度か高い分人気も高いマシンですね。

ケーブルマシンの特徴関連エントリー