筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

視力トレーニングの方法

視力トレーニングというのは視力を正常値に回復させるためのトレーニングのことです。
人間にとって視力の低下はかなりのハンディを負うことになります。

 

私も14歳くらいから近視が進行し“ド近眼”になってしまいメガネやコンタクトレンズを着用していますが、目の病気になりやすいとか、格闘技やラグビーのような激しいスポーツが怖くてできないなど、色々と不便な思いもしました。

 

自分なりに視力が低下しないように、眼科医のアドバイスのとおりに気をつけていましたが、トレーニングの方法がが良くなかったようで、視力が回復することはありませんでした。

 

しかし、今は眼科医療の発達や研究の成果で、すばらしい視力回復方法が開発されています。
話題のレーシック手術も視力回復方法の一つですね。
レーシックは目にレーザーを当てて行う施術なので、怖いという人もいますし、未熟な医者にかかってしまい、失明寸前になってしまったという話も聞きますから、レーシックは嫌だという方には視力回復トレーニング を行うのがいいかもしれません。

 

視力回復トレーニングの方法といっても一つではありません。
視力回復センターで行なうトレーニングや3D画像を使うもの、パソコンソフトを使うもの、さらにDSを使った視力トレーニングもあります。
これらは総じて、水晶体の調整をしている筋肉の緊張を和らげるトレーニングを行うことによって、目の遠近調節機能を矯正しようとするものです。

 

軽度の近視であれば日常生活に気をつけながら、短期間の視力トレーニングで回復することもありますが、かなり進行してしまった近視の場合は、数ヶ月から1年2年かかることもあるようです。
毎日視力トレーニングを行うことは根気も必要ですが、自分に合った適切な方法でトレーニングすることも重要なことですね。

視力トレーニングの方法関連エントリー