筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

出産とイメージトレーニング〜ソフロロジー式分娩法

出産にもイメージトレーニングがすごく役立つことをご存知でしょうか?
出産の時の陣痛の痛みは耐え難いほどで、意識がなくなってしまうほどの強い痛みです。
しかしながら、妊娠中にソフロロジー式分娩法を用いたイメージトレーニングを行い、リラックスすることができるようになれば、陣痛の痛みは麻酔を使わずとも和らげることができます。

 

ソフロロジー式分娩法とは、「お産の際にいかにして精神的にリラックスできるかを追求した分娩法」と云えると思います。
赤ちゃんは子宮や産道を通って出てくるわけですが、このときお母さんの身体が力んでいると、赤ちゃんは締め付けられて上手に進めず、酸素も少なくなって苦しい思いをします。
逆にお母さんがリラックスしてくれれば、無理なく産道を通れるので、頭が丸くピンク色をして出てきてくれます。

 

お母さんもスムーズにお産を終えることができれば、裂傷が少なくなり、産後の回復も早いと思いますから、育児にもすんなり入っていけるでしょう。
ソフロロジー式分娩法はイメージトレーニングで良いことばかり考えます。

 

特にはじめての出産は不安や恐怖がかなり大きく頭の中を支配しているかもしれませんが、「少しの痛みは赤ちゃんを産むための大切なエネルギー」と考え、プラスイメージを持ち続けることが大切です。
不安や恐怖をなくすためには、産前教育や同じような妊婦仲間とお喋りしたりしながら、出産知識を仕入れて知るということも必要ですが、全てポジティブな思考で問題ありません。

 

ソフロロジー式分娩でリラックスを得るイメージトレーニングというのは、ソフロロジーのBGMあるいは自分のリラックスできる決まった曲を聴いて、ソフロリミナルな状態になることです。
ソフロロジーのBGMを聴きながら、自分の好きな風景の場所にお腹の赤ちゃんと居る場面や、旅行に行ったり、一緒に歌を歌っているなど、リラックスできるイメージを頭に浮かべます。

 

イメージトレーニングでリラックスした状態になったら、「陣痛が来れば赤ちゃんにやっと会える」と考え、出産の様子をイメージしたり、出産後赤ちゃんをニコニコして育児している自分を想像したりしていると、実際の場面でもスムーズに物事が受け入れることができるようになります。

 

ソフロロジー式分娩法のイメージトレーニングの最も良い点は、出産後も、このポジティブシンキングの考え方が活かせることだと思います。
BGMを聴くだけで、どこでもリラックスにすることができるようになれば、脳が前向きに働いて、普段の家庭生活や育児の中でも、物の見方や考え方が色々と増えるきっかけになるでしょう。

 

イメージトレーニングって大変、うまくイメージが湧かないという人もいますが、1日に1回、なんでもいいのでお腹の赤ちゃんのことを考えるだけでもイメージトレーニングになっていますから、イメージトレーニングの内容に拘らずに取り組んでみて欲しいと思います。
また、ソフロロジー式分娩法にはイメージトレーニングのほかに、リラックスするための呼吸法やいきみ方などもありますから、合わせて取り入れてみてほしいです。

出産とイメージトレーニング〜ソフロロジー式分娩法関連エントリー