筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

視力回復トレーニングセンターの利用

視力トレーニングをする意味は「視力トレーニングの方法」でお伝えしましたが、視力回復トレーニングというのがあります。

 

視力回復トレーニングというのは、新聞や雑誌でよく見るレーシック手術のように目にメスを入れるものではなく、一旦視力が落ちてしまっていても、メガネやコンタクトレンズに頼らずに、眼球のトレーニングをすることで、視力を回復させようというトレーニング方法です。

 

昔から近視の予防法として「遠くの山の緑や景色を見なさい」とか言われたり「夜空の星を見ると眼に良いよ」などと聞いたことがあるとおもいますが、これは望遠訓練法というものです。
普段、テレビを近くで見たり、勉強などで物を近くに見る癖が付き、焦点が近くなっている目を、遠くの物を見ることで、視力を回復させようとするトレーニング方法です。

 

現在でも古くから経営されている、日本視力訓練協会などの民間会社による視力回復トレーニングセンターというのが、全国各地にあります。
こういう視力回復トレーニングセンターでは、望遠訓練法にかわる室内凝視訓練法という視力回復トレーニングを行なってくれます。

 

都会ではビルが立ち並び、遠くの山の緑も見えなくなっていますから、室内でも視力回復出来るトレーニング方法として室内凝視訓練法が有効だと思われます。
ネット掲示板などの口コミでは、視力が元に回復しなかったという声もありますが、一定の効果はあるようです。

 

近視は水晶体の調整をしている筋肉が硬くなってしまっているからで、この遠近調節機能を柔らかくしてやれば視力は回復してきます。
お近くの視力回復トレーニングセンターでの方法が合わなかったとしても、自宅でもできる視力トレーニングはいろいろとあります。

 

レーザーを目に当てて行うレーシックは怖い感じがしますし、メガネやコンタクトレンズもやっぱり不便です。
毎日継続してトレーニングすれば、良くなりますから諦めずに取り組みましょう。

視力回復トレーニングセンターの利用関連エントリー