筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

インターバルトレーニングとは

インターバルトレーニングというのは高負荷のエクササイズと低負荷のエクササイズを交互に繰り返して行うトレーニング方法で、無酸素運動のひとつとして代表的なものです。
トレーニング方法としては、激しく、身体の疲労度が高くなりますが、効果は非常に高く新陳代謝率も大きく上がるのが特徴です。

 

インターバルトレーニングは水泳や自転車、サッカー、マラソン、ボクシングなど多くのスポーツで持ちいれられ、またダイエット方法としても筋肉を増強しながら体脂肪を素早く燃焼することができるのでフィットネスクラブなどのダイエットメニューのプログラムに組み込まれることも多いうようです。

 

インターバルトレーニングを取り入れて有名になったのがチェコの陸上選手エミール・ザトペック選手です。
エミール・ザトペックは「人間機関車」とあだ名されましたが、ヘルシンキオリンピック(1952年)で5000m、10000m、マラソンの3種目で金メダルを獲得し、この長距離三冠の記録は今後達成する選手はいないだろうといわれています。

 

インターバルトレーニングの原型としては1920年代のファルトレクトレーニングに見られ、野山や丘陵などの自然の地形を利用して、下り坂で急走、平地では軽くジョギングというように、変化に富んだ走行トレーニングでした。
エミール・ザトペックの行ったインターバルトレーニングは、400mのインターバルを10本〜80本、タイムを60秒〜90秒の間で設定し、スピードとスタミナの両方を手に入れようとしたメニューだったようです。

 

ザトペックのオリッピックでの活躍で、インターバルトレーニング方法が脚光を浴びることになるわけですが、世界中の多くの指導者やランナーが安易に取り入れたため、オーバートレーニングとなりケガ人が続出する事態になったようです。
現在では専門知識のあるトレーナーなどが、インターバルトレーニングの身体への負荷を考えたメニュー作りができるようになったので、故障者は減っています。

 

ダイエットを考えた時、以前は有酸素運動をしなければ体脂肪は燃焼しずらいと考えられていましたが、インターバルトレーニングは有酸素運動より遥かに短い時間で、脂肪燃焼させる酵素が活性化することや、心肺機能も向上することがわかり、インターバルトレーニングが優れたトレーニング方法であることが広く認識されるようになっています。

インターバルトレーニングとは関連エントリー