筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

インターバルトレーニングエントリー一覧

インターバルトレーニングとは
インターバルトレーニングというのは高負荷のエクササイズと低負荷のエクササイズを交互に繰り返して行うトレーニング方法で、無酸素運動のひとつとして代表的なものです。トレーニング方法としては、激しく、身体の疲労度が高くなりますが、効果は非常に高く新陳代謝率も大きく上がるのが特徴です。インターバルトレーニングは水泳や自転車、サッカー、マラソン、ボクシングなど多くのスポーツで持ちいれられ、またダイエット方法としても筋肉を増強しながら体脂肪を素早く燃焼することができるのでフィットネスクラブなどのダイエットメ...
インターバルトレーニングの効果
インターバルトレーニングの効果は非常に大きいものがあり、心肺機能を限界近くまで高めることができるので、インターバルトレーニングが開発された当初は陸上競技でのトレーニング方法でしたが、今では競技の枠を超えて様々なスポーツ競技で取り入れられています。それまでの長距離トレーニングと言えば、長い距離を走ってトレーニングするのが普通でしたが、同じ1万メートルを走る練習をするにしても、1万メートルを40分で一気に走りぬく練習よりも、1千メートルを3分で走り1分休憩というサイクルを10回するほうが、強度の高い...
インターバルトレーニングの方法
インターバルトレーニングの方法そのものは難しくありません。高負荷のエクササイズと休憩時間をセットにして、一定の時間内に何度か繰り返すことをするだけなので単純なように思われますが、インターバルトレーニングは心肺機能を最大級に使い筋肉を大変消耗しますので、トレーニングメニューに行きすぎがあるとオーバーワークに陥り身体の故障を起こしやすいトレーニング法でもあります。陸上や水泳競技などタイムを争う競技では、当たり前のように毎日インターバルトレーニングが組み込まれていると思います。例えば1万メートル走るに...
自転車(1)
インターバルトレーニングは自転車競技の選手には欠かせないトレーニング方法であり、また自転車を道具としてインターバルトレーニングをするスポーツ選手も多いです。インターバルトレーニングのインターバルというのは間隔とか合間という意味があり、連続して体に高負荷のエクササイズを行い、合間に軽い運動を入れてこれを繰り返すことにより、心肺機能を限界近くまで高め、それにより体の新陳代謝がアップして、結果的に長時間脂肪を燃やし続ける事が出来るようになるトレーニングです。自転車ではインターバルトレーニングを取り入れ...
自転車(2)
自転車とインターバルトレーニング(1)からの続きですが、よく理解しておきたいのはインターバルトレーニングの目的は、あくまでも「疲れに強い身体をつくる」トレーニング方法であり、スピードをつける練習ではないということです。インターバルトレーニングは対乳酸性が高まって回復力、心肺機能も向上し疲れにくくなって体力が付きます。これを理解せずにインターバルトレーニングを行っても、どこの筋肉が鍛えられてどの筋肉が弱いのか、インターバルトレーニングで強くなったのは何なのかを分からないことになりますから、自転車レ...
水泳
インターバルトレーニングは水泳競技にも積極的に取り入れられているトレーニング方法です。水泳のトレーニングは、ジムで行うような筋トレ以外で、泳ぐトレーニング方法は全てインターバルトレーニングという気がするくらい密度濃く行われています。水泳は陸上のトラック競技と同じように短距離から長距離まで種目があって、タイムを争う競技ですから、瞬発力も持久力も必要です。インターバルトレーニングは、泳ぐ時間と休憩時間を決めてスピーディーにセットをこなしていきます。そのため時間の節約になり、きめられた時間内に沢山の運...
ランニング
ランニングを毎日の日課にしている人は多いと思います。近年のマラソンブームは下火になることがなく、東京マラソンでも各地のマラソン大会でも年々参加者が増えていると聞きます。たとえ大会に出場しなくても健康増進のためにランニングやウォーキングをしている人も、それなりに楽しんで走っているのだろうと思いますが、「来年はレースに参加するためにもう少し体力をつけよう」とか、「毎日同じペースで走っていても面白くない」という方はインターバルトレーニングによるランニングをとりいれるのが良いと思います。インターバルトレ...
マラソン
インターバルトレーニングは、限界ギリギリのほぼ全力のペースで走りゆっくり、また走ってはゆっくりというように、疾走と緩走(ジョグ)を繰り返すことによって持久力と心配機能を高める効果があるトレーニング方法です。フルマラソンのトレーニング方法としても有効で、インターバルトレーニングを行うとスピード持久力が養成をされ、しかもわりと短期間でその効果が表れます。マラソン・インターバルトレーニングは筋力トレーニングでいうところの過負荷トレーニングにあたり、例えば400m×10本といった短距離インターバルや20...
サッカー
サッカーにもインターバルトレーニングは、効果的に持久力と心配機能を高めることができるトレーニング方法として、少年サッカーからプロサッカー選手のJリーグまで取り入れられています。サッカーの試合を見たことがある人は分ると思いますが、プロの場合1試合90分間で9Km〜10Km走ると言われ、その動きはマラソン選手のように一定の速さではなく、ダッシュしたりジャンプしたり、急に立ち止まっては反転したり、後ろ向きに走ってみたりと様々な動きがあるので、走る距離に比べてスタミナを消費する量は多くなります。そのため...
ボクシング
ボクシングにはインターバルトレーニングが必要不可欠です。というか、ボクシングのルールそのものが3分戦って1分休むというインターバルトレーニングですから、基本的な練習から特別な練習まで、ほとんどのトレーニングにインターバルトレーニングが取り入れられています。瞬発力を必要とする運動のスタミナは、基本的には普通に走り込みを行っても向上しますが、インターバルトレーニングが非常に効果的ですね。ボクシングのようにグローブで相手を倒すまでパンチを出し続けるというスポーツは、どれだけでも瞬発力とスタミナが欲しい...
心拍数とインターバルトレーニング
心拍数とインターバルトレーニングの関係について見てみたいと思います。インターバルトレーニングは、持久力やスタミナ、疲れに強い身体をつくるためのトレーニング方法で、心肺機能を限界近くまで高めます。実際のインターバルトレーニング方法には様々な方法があるのでここでは具体的な説明は省きますが、身体にかかる負担を高負荷と低負荷を繰り返し、身体が回復しようとするときに心臓1拍動によって押し出される血液量を最大限になることを利用した訓練方法であるので、自分の最大心拍数や最大酸素摂取量を知っておくことは非常に大...
インターバルトレーニングの脂肪燃焼効果
インターバルトレーニングの効果は心肺機能を高め、持久力やスタミナをつけるだけではありません。他にどんな効果があるのかというと、メタボ体型の人には嬉しい脂肪燃焼効果もあるのです。運動によって体脂肪を燃やそうとすると、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を40分以上続けないと効果が出ないと聞いたことはありませんか?確かに軽い運動では有酸素運動を長時間続けないと脂肪燃焼効果は上がりません。年配の方やインターバルトレーニングをするには心臓に負担が掛かりすぎてダメという方にはおすすめできませんが、筋...
インターバルトレーニングでダイエット
インターバルトレーニングでダイエットはできるでしょうか?「インターバルトレーニングの脂肪燃焼効果」でも説明しましたが、インターバルトレーニングはダイエット効果が抜群にあります。ここではインターバルトレーニングがダイエットにも効果がある理由を見てみたいと思います。インターバルトレーニングというのは高強度エクササイズなわけですが、トレーニング強度が増すと新陳代謝は大きくなります。そしてホルモンの働きもダイエット効果を大きくしているようなのです。筋肉をつけ脂肪を減らすホルモンにはアドレナリン、人成長ホ...