筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

トレーニングメニューは簡単に

トレーニングメニューを作成することはとても大切なことです。
何かトレーニングを始めようと決意すれば、「最終的にここまでは出来るようになろう!」など、目標を立てると思いますが、「別にトレーニングメニューなどなくてもいいよ」という考えでは、なかなかゴールに近づけないものです。

 

人間というのは目標があれば、それに向かって進む習性?がありますから、できれば頭の中で描いたトレーニングメニューではなく、紙に書いたトレーニングメニューを作成しましょう。

 

トレーニングメニューを考える場合、特に初心者の方は少し注意したいことがあります。
それは、継続可能なトレーニングメニューにするということです。
目標点に達するまでにトレーニングを途中で止めてしまっては、全くのムダになってしまいますから、これなら絶対に続けられるという簡単なメニューから取り組みましょう。
簡単なメニューでも、いざトレーニングを始めて4,5日もすると、意外にきつかったりします。

 

また、トレーニングメニューを考える場合、トレーニングの種類だけでなく時間配分も設定する方が良いと思います。
時間に制限が無ければ、ダラダラと時間を無駄に費やしかねませんし、時間がかかりすぎていてはトレーニング効果も薄れてしまいます。

 

例えば筋力トレーニングを自宅でしようとメニューを考える場合、
腕立て伏せ 10回 1分以内
ダンベルローイング 10回 1分以内
クランチ(腹筋) 10回 1分以内
ダンベル・スクワット 10回 1分以内
以上を 3セット 15分以内 を毎週3回(月・水・金)1ヶ月間続ける。 という様な感じです。

 

トレーニングメニューは自己流でする場合は、決して無理なく簡単なところから始めてください。
トレーニングメニューを考えるというのは、実は難しいものなので、専門家にメニューを組んでもらうと有料になります。

 

また、筋肉痛になったときは、休むようにして下さい。
筋肉痛の状態でトレーニングを続けても効果が上がらない上に、体のバランスが悪くなります。
休むのもトレーニングの範囲内と考えましょう。

トレーニングメニューは簡単に 関連エントリー