筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

瞬発力トレーニングの意義

瞬発力トレーニングを行い瞬発力を高めることは、どのようなスポーツでも、少しでも上位のレベルに引き上げたいと思うのであれば、とても大切なトレーニングです。

 

ただし、瞬発力だけ高い能力を持ったとしても、優れた選手にはなれないことは言うまでもないと思いますので、体力(全身持久力)トレーニング筋力(筋持久力)トレーニングも合わせて、バランスよく取り組むようにしましょう。

 

瞬発力トレーニングの方法としては、スクワットやジャンプ、スタートダッシュ、ラダートレーニングなどいろいろな瞬発力を養うトレーニングがありますが、瞬発力という爆発的な大きな力を出すということを意識しすぎずに、動作の速度を早くするという意識も持つことが大事です。

 

瞬発力=パワー×速度だとすると、筋力トレーニングのときでも、持久力トレーニングのときでも、全力を出して行なえば瞬発力もある程度備わってくると思います。
瞬発力トレーニングは1種類だけすればOKというものでは無く、様々な部位の瞬発力を身に付けることが必要で、器具などを使ったトレーニングも効果的だと思います。

 

バーベルを背負ってスクワットジャンプ、俊敏力をつけるための反復横跳びやスピードラダー、スタートダッシュ、ビーチフラッグトレーニング、ボックスジャンプ、三段跳び、ダンベル、腕立伏せなども必要だと思います。

 

瞬発力を身に付けるには、体には辛いかもしれませんが、負荷をかけたトレーニングをしなければいけません。
目指すスポーツによって瞬発力トレーニングの方法は少しずつ異なってくると思いますが、いきなり瞬発力が身に付くことはありません。
基本は足腰の強さだと思いますので、じっくりと効果的な瞬発力トレーニングの方法を見つけてください。

瞬発力トレーニングの意義関連エントリー