筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングは、身体に圧力をかけることによって血液の流れを制限した環境の中でトレーニングを行なう方法で、テレビなどで紹介されたり、女優やモデルさんも利用しているとして雑誌にも載ったりしています。

 

加圧トレーニングは、足や腕の付け根の部分に専用の圧力ベルトを巻いて、個人個人に合った適正な圧力を加えて血流量を制限しますが、この状態でトレーニングすることで、どのような効果があるのでしょうか?
加圧トレーニングの効果として云われるのは、1回30分足らずのトレーニングで、2時間通常のトレーニング行なったのと同程度の、筋持久力・筋肉量アップが得られるという時間短縮効果があります。

 

通常のウエイトトレーニングでは筋肉に負荷をかけてダメージを与え、その回復過程で筋力がアップしてくるのですが、加圧トレーニングでは低酸素状態で行なわれるため、遅筋繊維も速筋繊維も同時に活発に働くようになり、最大筋力の20%〜30%しか使わないのに80%も筋力を使っているのと同じくらいの効果があります。
このため、トレーニング時間が短くて済み、筋肉を思い切り使うことがないので筋繊維を損傷することもすくなくなるというのです。

 

また、筋肉への負荷が小さいため手術後のリハビリ訓練やスポーツ選手も取り入れているということです。
その他の加圧トレーニングの効果として、ダイエット効果、肌の活性化効果、血行促進効果などが言われています。

 

加圧トレーニングは血流の締め付けで筋肉が低酸素状態になり体内の環境も変化してしまいます。
運動している部位には乳酸という大量の疲労性物質が溜まってきますが、これを取り除いて筋力を回復させようとする働きが高まるので、成長ホルモンが大量に分泌されます。
この成長ホルモンは脂肪燃焼に大きなパワーを持っているので、ダイエット効果があるというのです。
食事制限するわけではないのでリバウンドの心配も少ないですよ。

 

ダイエット効果と同時に、成長ホルモンの分泌で、中々治りにくかった怪我が良くなったとか、髪の毛や爪の伸びが早くなった、ピーリングが促進され肌のつやが良くなったなど、若返りの効果も見られるようです。

 

以上のような効果の高い加圧トレーニングですが、デメリットというと、自宅で簡単に圧力ベルトを巻くというわけにはいかず、専門のトレーナーに圧力を調整してもらなければ、トレーニングできません。
そのためトレーニングジムなどへ行くための費用がかかるということになります。

加圧トレーニングの効果関連エントリー