筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

筋肉トレーニングの注意点

筋肉トレーニングをして、男らしくマッチョになりたい、スタイルを維持したい、ダイエットしたい、など色々目的があって、筋肉トレーニングをすることになると思います。
筋肉トレーニングと一言でいっても様々なトレーニングの方法があります。

 

筋肉トレーニングはウエイトトレーニングとか筋トレなどと呼ばれますが、自宅で簡単に出来るものとしては、腕立て伏せ、腹筋背筋、スクワットなどがありますし、ダンベルやブルワーカー、グリッパーなどのグッズを使った筋トレも自宅で出来ます。
トレーニングジムに通うのであれば、色々なトレーニングマシンがありますから、鍛えたい部位に合わせて使いわけます。

 

筋肉トレーニングはこのように自分の目的に沿って、トレーニングの方法もかける時間も違うのですが、注意してほしいことがあります。
それは栄養をよく摂るということと、充分な休憩を取るということです。

 

筋肉をつけるには栄養を取らなくてはいけません。
筋肉を身体につけるためには、タンパク質(プロテイン)などの栄養が必要です。
タンパク質(プロテイン)の他にも身体を成長させるために栄養が必要ですから、バランスのとれた食生活を心がけてほしいです。

 

また、筋トレ初心者にありがちなのが休憩不足です。
筋トレは適度な休息をしなければ、筋肉は効果的に発達しないといわれています。
例えば、ダイエットを始めると最初は張り切って、腹筋やスクワットをはじめますが、筋肉痛になりますよね?
ところが、筋肉痛が残っている状態で筋肉トレーニングをしても、筋肉はあまり増えません。
何故なら、人間の身体は痛めつけられると、回復する過程で筋肉が付くようになっているからです。

 

ですから筋肉痛が回復しないうちに、筋肉トレーニングを再開しても無理をしているだけで逆効果になってしまいます。
スポーツ選手が行なう筋肉トレーニングは毎日しますが、ダイエットや細マッチョを目指す程度の筋肉トレーニングでは、週に1〜2回すれば良いのではないかと思います。
筋肉トレーニングの最初と最後は、筋肉のほぐし(ストレッチ)も大切なことですから忘れないようにしましょう。

筋肉トレーニングの注意点関連エントリー