筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

スロートレーニングのやり方

スロートレーニングとはスロトレとも、スーパースロートレーニングとも呼ばれる、筋肉トレーニングの種類の 一つです。

 

テレビや雑誌でも取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが、スロートレーニングは、筋肉トレ ーニンの初心者や、病気や怪我などによるリハビリを行っている方、メタボ対策でダイエットをしている人に最 適なトレーニング方法だと思います。

 

トレーニングの種類は筋肉トレーニングと同じように、ダンベルトレーニングマシンを使ったりします。

 

例として、ダンベルを使うスロートレーニングの場合だと、3キロくらいの軽めのダンベルを3秒間持ちあげて 、10秒間かけてゆっくりと降ろすといったような、ゆっくりとした動きをします。

 

1分間に何十回とダンベルを上げ下げするような早い動きだと、ダンベルの重さを利用し反動をつける動きにな りますから、これは初心者にとって強い負荷になり、筋肉を傷めたり、ケガをする恐れがあります。

 

その点、スロートレーニングは、動きがゆっくりなので、じわじわと筋肉を強化していくことができます。
トレーニング時間は個人差があるでしょうが、10分〜30分程度行えばよく、毎日しなくても(週に3回程度 )一定の効果が現れるはずです。

 

スロートレーニングは女性にぴったりの筋トレといえます。
反動をつかわないので、安全性が高くなるほか、筋肉が付きすぎるという事がなく、たるみをとり引き締まった体作りができ、バストアップやヒップアップにつながります。

 

また、ゆっくりとした動作で筋肉に力を加え続けることによって、成長ホルモンの分泌が促進され、若返り・美 肌効果も得られるというのです。
さらに体脂肪を燃やしやすくなる有酸素運動なので、ダイエット効果もあるとすれば、女性がしないわけがあり ませんよね(笑)

スロートレーニングのやり方関連エントリー