筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

集中力を高めるもの(香り)

集中力を高めてくれる「香り」についてみてみます。
「香り」は直接的に脳を刺激してくるので、集中力を高めたいときは「」や「」だけでなく「香り」も取り入れてほしいと思います。

 

集中力というのは脳の総合活動とも言えるので、目から鼻から耳から入ってくる脳への刺激をコントロールするのとしないとでは、格段に差がついてくるでしょう。

 

香りは鼻腔の上の方にある「嗅上皮」で感知され、神経線維を介して脳の前方にある「前頭眼窩部」というところに入ります。
そこから視床下部に伝わり、脳下垂体をコントロールします。
視床下部は自律神経の最高中枢とも言われ、集中力を高めたり緊張を緩和したりという大事な部分です。

 

あちこちで手に入れることができるエッセンシャルオイルには、大きく「興奮系」と「リラックス系」のものがあります。
仕事や作業を能率よく集中的に進めたいときは、エッセンシャルオイルを大いに利用してはいかがでしょうか。

 

集中力を高めたいときに効果のある香りとしては、レモン、オレンジ、ローズマリー、ペパーミント、バジル、ユーカリ、リッツァクベバ、シダーウッド、などいろいろあります。
例えば、レモンの香りはミス防止効果があるそうで、眠気が生じてきたときなどはレモンの香りで活性します。

 

ペパーミントの香りは集中力が途切れてきたなと感じた時、仕事処理速度と確実性を向上させ、オレンジの香りはイライラしてきたときのストレス軽減に効果がありそうです。

 

レモンとペパーミントをブレンドしたアロマオイルは眠気を飛ばし頭をスッキリさせるので良いですよ♪

 

ローズマリーの香りは個人的に好きな香りなんですが、集中力や記憶力が高まり、やる気を起こさせてくれます。

 

集中力を高めたいときというのは、脳に何か刺激が欲しい時なので、脳がリセットされるような香りにスッキリとした爽快感があって、クリアでかつ鋭い香りがお勧めです。
集中力を高めてくれると言われる香りには様々なものがありますので、自分に最適な香りを見つけてほしいと思います。

集中力を高めるもの(香り)関連エントリー