筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

集中力トレーニング@

集中力トレーニングの方法をいくつかご紹介していきます。

 

@一点集中法と妨害法
一点集中法は何かの物を長時間凝視することで注意の持続力を高めようとするトレーニング方法です。
人間は視覚的な一点を凝視すると意識集中が図りやすいという特性を持っておりこれを利用します。

 

やり方はいたって簡単で、紙の上に1点を書いてひたすら見つめることでもかまいません。
キョロキョロせず一点に意識を集中し5分間凝視したり、慣れれば時間を10分くらいまで伸ばしてみましょう。

 

テレビを見たり音楽を聴きながらすると意識が集中しないと思いますから、これらの邪魔なものは排除してください。

 

逆に妨害法というのがあります。
こちらは周りが騒がしいなど悪環境をわざと設定し、集中しづらいなかで作業するなどして、妨害刺激に対する慣れや抵抗力を高めるトレーニング方法です。

 

いつも静かな環境で集中力を発揮しなければいけないとは限りません。
プロ野球などでは声援やヤジの声・音が大きですが、そんな中でもパッティングやピッチングに集中しなければいけません。
そんな時に役立つ集中力トレーニングです。

 

 

Aイメージトレーニング
イメージトレーニングは【メンタルトーレーニング】の中で「イメージトレーニングの方法」などをご紹介しているので参考にしていただきたいのですが、これは集中力トレーニングとしても重要です。

 

イメージは単なる頭の中での想像だけでしかないと思われるかもしれません。
でもイメージすることによって意識的にはコントロールしにくい身体機能も鍛えることができるのです。

 

そして繰り返しイメージトレーニングを行うことで行動・動作が理想に近づき集中力も増していくのです。

集中力トレーニング@関連エントリー