筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

大胸筋トレーニングでバストアップ

大胸筋トレーニングバストアップを目指しませんか?
大胸筋というのは胸にある筋肉で、腕を前に突き出す動作や、物を横に引っ張ったりするときに利用する筋肉です。

 

この大胸筋をトレーニングで鍛えることにより、女性にとってはうれしいバストアップになりますし、また猫背を解消することにもなるんです。
猫背になっている人を見かけると、「姿勢が悪い人だな」と見た目にも印象が悪くなりますが、猫背の原因は胸の大胸筋が縮んでしまっているために、胸の位置が極端に下がっているからだといわれています。

 

また女性のバストは90%の脂肪組織と、10%の乳腺組織からできていて、バストの大きい人も小さい人も大胸筋がその重みを支えています。
大胸筋はバスト上部にあってバストを支えているのですが、この筋肉が老化すると、バストの張りがなくなり、小さくなる、下垂する、形が悪くなる、ということになります。
ですから、猫背にならないため、バストアップを計るためには、大胸筋トレーニングが必要不可欠な手段となるんです。

 

それでは、バストアップのための大胸筋トレーニングはどうしたら良いのでしょうか?
大胸筋トレーニングといっても難しいことはありませんが、強いていえばトレーニングを継続することが一番難しいのかも知れませんね。

 

大胸筋トレーニングの代表的なものは、腕立て伏せです。
肩幅よりも少しだけ腕の幅を広げて腕立伏せしますが、普通の腕立伏せが辛い方は、ひざを立てた腕立て伏せの方が負担が軽くなると思います。
器具を使った大胸筋トレーニングとしては、ダンベルが良いと思います。
自分に合った重さのダンベルを持ち上げたり腕を伸ばしたりしてみてください。
ベンチプレスも良いですね。

 

また、大胸筋体操法として、
@息を吐きながら、目の高さで肘と肘を合わせる。
Aそのままの状態で息をゆっくり吸いながら、さらに肘を内側に押し付ける。
B次に息を吐きながら肩の高さでゆっくり腕を開く。
Cできるだけ腕を後ろにやり、胸を大きく開くようにする。
D最後に息を吸いながら腕を戻す。
これを5回1セットとして、朝夕に2セットずつやってみましょう。

 

女性にとってバストアップの悩みは、年齢進行と共に大きくなってきます。
何も努力しなければその悩みは解消されることがありませんが、大胸筋トレーニングで筋肉を鍛えることで、す っきりとしたバストにすることができると思います。

大胸筋トレーニングでバストアップ関連エントリー