筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ダンベルトレーニングでダイエット

ダンベルトレーニングは手軽にできるウエイトトレーニングとして、実践している人も多いのではないかと思いますが、ダンベルトレーニングをダイエット目的でして効果を上げている人もいます。

 

ダンベルを使ってダイエットなんてできるの?という人もいると思いますので、ダンベルダイエットのことを少し書きます。
ダイエットというと、ウォーキングやスイミング、サイクリングなどの有酸素運動でなければ脂肪燃焼効率が悪いと言われています。

 

これに対して、ダンベルトレーニングなどのウエイトトレーニングの多くは、歯をくいしばって行なう無酸素運動です。
無酸素運動は筋肉量が増えますが、脂肪燃焼という点では有酸素運動の方が有利で楽チンです。

 

しかし、筋肉を付けることもダイエットには非常に重要なのです。
ダンベルトレーニングで筋肉が付いたら、体重が増えてしまうという方がいると思いますが、これは少し誤解していると思います。
筋肉が付くということは基礎代謝力がアップします。
基礎代謝力がアップすれば新陳代謝を活発にしてくれるのでダイエットにつながるのです。

 

人間の身体で最もカロリーを消費するのは脳ですが、その次にカロリー消費量が多いのが筋肉です。
筋肉が付くとパワーも発揮できますから、カロリー消費量も増えて、脂肪が減っていくということは理屈としてわかりますよね。

 

ダンベルトレーニングの方法としては、手に持って腕を曲げ伸ばししたり、真上に持ち上げたりして、腕の筋肉をつける方法があります。
また足の筋肉をつけるダンベルトレーニングの方法としては、椅子に座り、手に持ったままダンベルを膝の上に置きます。
そして立ったり座ったりを繰り返すだけです。
椅子ナシでスクワットをする方がトレーニングにはなりますが、椅子を使う方が楽ですよ。

 

ダンベルトレーニングを始めるにあたって、ダンベルは持っていないという方でも、100円均一にいけばありますし、ペットボトルに砂を入れても代用できます。
筋肉が付き始めるまでは少し時間もかかり、辛いかもしれませんが、筋肉がつけばあとは維持するだけなので、ダンベルトレーニングも楽になります。

 

とにかく、すぐに安く始められるのが、ダンベルダイエットのいいところで、これにウォーキングなどの有酸素運動も同時に取り入れれば、瞬く間にダイエットできてしまうのではないでしょうか。

ダンベルトレーニングでダイエット関連エントリー