筋力トレ、脳トレなど各種トレーニング方法の基礎を知ろう!

スポンサード リンク

ふくらはぎダイエットで美脚(その1)

美容トレーニングといえば、ふくらはぎダイエットも外せないひとつです。
女性であれば誰もが手に入れたいと願うのが美脚ですよね。

 

美脚といってもただ細いだけではダメで、ある程度引き締まってメリハリのあるラインを構成していることが、美脚のポイントです。
脚を太もも、ふくらはぎ、足首の各部に分けるとして、ここではふくらはぎダイエットできる美容トレーニングを考えてみたいと思います。

 

ふくらはぎが“第2の心臓”とも言われるわけは、人間が2本足で歩行しているゆえ、心臓から一番遠い足からの血を循環させるため、重力に逆らって押し上げるポンプの役目を担っているからです。
そのため適度な筋肉がある引き締まったふくらはぎは、機能的にも見た目にも綺麗になります。

 

ただ、ふくらはぎは太ももよりも脂肪が付きにくいのですが、脚やせしない理由はむくみやセルライトの場合が多く、特に立ち仕事が多い女性はむくみに悩まされています。

 

単にむくみを解消するだけであれば、リンパマッサージが大変有効だと思うのですが、美脚を目指すためには@適度に筋肉がついてハリがあること、Aふくらはぎの筋肉が間延びせず上の方に付いていること、Bふくらはぎから足首にかけてむくみがないこと、C余分な脂肪のついていないこと、だと考えます。

 

まずは、衰えた筋肉を取りもどし、ふくらはぎから足首にかけてのむくみを解消するため、ふくらはぎトレーニングを頑張ってみましょう。
ふくらはぎは比較的筋肉が付きやすいので、体育会系のような負荷をかける筋力トレーニングをすると筋肉隆々になりすぎ、美脚を通り越していまう可能性がありますから、ダンベルなどの器具を使ったきついエクササイズは必要なく、自分の体重を使ったトレーニングで十分でしょう。

 

例えば、
@壁に並行して立ち片手を付きます。次に片足の膝を軽く折って片足立ちします。そしてもう一方の足の踵を上げ下げするだけです。
この時のポイントとしては、これ以上足が上がらないという所まであげ、無理のない程度でできるだけスピーディに上下させることです。

 

また、
A壁にぴったりと腰・背中・肩・頭をつけ、足(膝)を伸ばして座ってみてください。
座るだけでも効果があるのですが、つま先を前に出したり引き戻したりすると、さらにふくらはぎ筋肉トレーニングになります。

 

ただし、いきなりふくらはぎトレーニングをするとアキレス腱を痛めることがあるので、筋トレの前にアキレス腱をしっかり伸ばすストレッチを必ずしてください。

ふくらはぎダイエットで美脚(その1)関連エントリー